サイトマップ

4 場所編

コマ高生のプチ学校自慢~小松川高校で見つけた小さな幸せ~
4 場所編

小松川の魅力を伝えるために生徒が書いてくれました。短い時間で書いてもらった文章なので、本当は推敲が必要なところですが、生徒の息づかいが伝わるかと思い、できるだけそのままで掲載しています。所々で生徒のタッチを邪魔しない程度に丸括弧で補っています。多少の誇張もあるかもしれませんが、生徒の母校愛を感じていただければ幸いです。なお、写真はイメージです。
 

「長野に寮がある小松川」
 
小松川高校には長野に蓼科寮という寮があります。
 
私は夏休みのサマーセミナーという、山登りやそば打ち体験、そして勉強ができる2泊3日の合宿に参加しました。
 
長野の山の中にあると聞いていたため、あまりきれいではないかもしれないと勝手に思っていました。
しかし、いざ入ってみると部屋も昔ながらの古風な雰囲気で、トイレもものすごくきれいでした。
話によると、同窓会の方々(編集注:同窓会はじめPTAやPTAのOBの方々)が手入れをして下さっているそうです。
ご飯もすごくおいしかったです(料理を作って下さる方がいらっしゃいます)。
 
今回のサマーセミナーは自主参加でしたが、すごく楽しかったので、ぜひ参加してほしいです。
そして自慢の蓼科寮を自分の目で見て来て下さい。
 
(Kさん 江戸川区立葛西第二中学校出身、1年生)
 
 
「4階の風景」
 
真夏のある日のことである。
 
午前中で部活が終わった。
私は部活の友達と残って勉強することにした。
ゆっくり着替えをし、教室に入った。
 
すると、見たことのない光景が広がった。
 
それは窓の外の風景である。
ものすごく澄み切った青い空に雲は絶妙に広がっていた。
 
友達と二人で顔を見合わせた。
声にならない叫びとなってこみ上げてきた感動の気持ち。
私たちは無言のまま空を見上げていた。
 
部活で疲れた体が浄化されていくようだった。
 
(Nさん 江東区立深川第一中学校出身、1年生)
 
 
「魅惑の石庭」
 
小松川高校には石庭があります。
 
石庭は1階からでも4階からでも見えますが、近くで見るか、少し離れて全体を見るかによって、見え方が変わるのが楽しいです。
石の模様はまるで水が流れているようで、とても美しいです。
その模様は生徒がつけることもあります。
 
普段、石庭の中に入ることはありませんが、文化祭では芸道部が琴の演奏や抹茶をお出しするときに使います。その際は歩く度に石がサクサクと音を鳴らし、何とも言えない心地よさを感じさせてくれます。
 
(Kさん 葛飾区立本田中学校出身、2年生)
 
 
「ちょっとすごい雰囲気あります」
 
小松川高校の自習室は主に3年生の受験勉強の場として利用されています。
しかし、テスト期間に入ると1,2年生の利用者数は急増します。
 
私も何度か利用したことがありますが、そこには一切の私語が無く、シャーペンと紙が擦れる音が空間を支配していて、進学校のすごい雰囲気を味わうことができました。
 
とても集中できる場となっているので、家では集中できないという人は利用してみてはいかがでしょうか。
 
(Tさん 足立区立第十一中学校出身、2年生)
 
 
「お気に入りの場所」
 
小松川高校にはプラザと呼ばれる場所があります。
 
普段の授業で使うことがありませんが、放課後はダンス部の活動場所として、文化祭の時にはダンス部や書道部のなどの発表場所として使われています。
 
私はダンス部に所属していますが、プラザを囲んでいる窓が一枚の大きな鏡のようになっているので、とても練習しやすいです!
(天井吹き抜けなので夏は暑くて冬は寒いけど…)
 
プラザで踊れるダンス部は小松川高校だけです!!
 
(Mさん 足立区立第七中学校出身、1年生)
〒132-0035 東京都江戸川区平井1-27-10
電話 : 03-3685-1010 ファクシミリ : 03-3636-1073
アクセス