サイトマップ

2 先生編

コマ高生のプチ学校自慢~小松川高校で見つけた小さな幸せ~
2 先生編

小松川の魅力を伝えるために生徒が書いてくれました。短い時間で書いてもらった文章なので、本当は推敲が必要なところですが、生徒の息づかいが伝わるかと思い、できるだけそのままで掲載しています。所々で生徒のタッチを邪魔しない程度に丸括弧で補っています。多少の誇張もあるかもしれませんが、生徒の母校愛を感じていただければ幸いです。なお、写真はイメージです。
 

「地理」
 
自分は中学生の頃、社会があまり得意でなかったし好きではありませんでした。
特に地理は社会の中でも苦手で受検の時は点数をとるのに苦労しました。
 
高校に入学して地理という科目が増えました。
 
地理の先生は重要なところを何度も説明してくれたり、同じ図を何度も書いてくれたりします。
また、面白い話などをするので、それが頭の中に印象に残ってテスト勉強の時に覚えやすいです。
 
そして、自分は地理が得意科目になりました。
 
(Tさん 墨田区立吾嬬第二中学校出身、1年生)
 
 
「先生が優しい」
 
小松川高校は先生方がとても優しいです。
テスト前は先生が分からないところを生徒が分かるまでしっかりと教えて下さいます。
また、すれ違うときも挨拶(して下さる先生)が多く、雑談などもできて楽しいです。
小松川高校は勉強が大変そうだと思っている人も、自分が分かるまで楽しく学習できます。
やる気も出るし、自分がやりたいことが決まると、それに向かって先生も全力で応援してくれます。
また、自分の努力が目に見える形で表れたとき、それを認めてくれるのも小松川の先生の素晴らしいところだと思います。
楽しむときは先生も共に楽しみ、やるときはやるという、けじめもあってよい雰囲気で高校生活をenjoyしましょう!!
 
(Tさん 台東区立浅草中学校出身、2年生)
 
 
「小松川の“今でしょ!”先生」
 
小松川高校には某有名予備校の先生のように、授業がとても面白い先生がたくさんいます。
中でも現代文のA先生はすごいです。
中学校までの国語の授業がうそのようで、説明がとても上手だし、時々挟まれる小ネタも爆笑必至です。
いつ小松川高校の受験を決めるんですか?今でしょ!
 
(Sさん 杉並区立大宮中学校出身、1年生)
 
 
「ほんわか」
 
私は中学校の頃、先生と雑談することはほとんどなく、先生は「先生」という位置づけしかありませんでした。
 
けれど、小松川高校に入ってからというもの、面白い先生やかわいい先生がたくさんいて、私の中での「先生」の存在の大きさが変わりました。
かわいい先生とは例えば、一緒に水族館の話をしてくれたり、授業中に漢字をど忘れして「ああもう…」とつぶやく先生とか…。
「かわいい」という表現が適切かどうか微妙ですが、このようなほんわかした先生や友達に囲まれていると落ち着きます。
 
本当にほんわかで平和でゆるーい日常が好きなら、きっと小松川高校は落ち着く場所になると思います。
 
(Mさん 葛飾区立本田中学校出身、2年生)
 
 
「Dundy teacher」
 
私たちの学校には、洋画の吹き替えのようなダンディーな声をお持ちの英語の先生がいます。
授業で英語を話した後に和訳をして下さると「あれ吹き替えの人本物と声そっくりだな」なんて思ってしまうほど、落ち着きのある魅力的な声をしてらっしゃいます。
普段だと先生に当てられると少し緊張してしまうのですが、この先生に「○○(下の名前)、答えてごらん。」といわれると、ときめいてしまいます。
そんなダンディーボイスな先生に会えたことが私の小さな幸せです。
 
(Oさん 墨田区錦糸中学校出身、1年生)
 
〒132-0035 東京都江戸川区平井1-27-10
電話 : 03-3685-1010 ファクシミリ : 03-3636-1073
アクセス